上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日経平均10月16日

 10月10日高値8660円68銭を引けで上回り、18日間(営業日ベース、両端入れ)の調整を終えた。
テクニカルには5日移動平均線(8591円)の内側に入り込んだ陽線を確認したところで虎口を脱したと断言したいが、依然としてファンダメンタルズに明るさは見られない。
 単純に相場のリズムからすれば、少なくとも2週間程度は反転上昇過程に入ると思われるが、2週間後の10月30日(火)にはタイミング良く日銀の金融政策決定会合が到来する。上昇相場維持(=景気腰折れ回避)のためには、実体面でのプラス材料が不可欠であり、日銀の英断が期待されるところ。
 当面明日のターゲットは、10月3日安値8729円56銭のクリア(ギャップ埋め)。ここまでくれば、6月以来実に綺麗に3つの波動を描いてきたパラボリックも買い転換する。4つ目の波動は果たしてビッグウェーブとなるのだろうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ncgtf.blog.fc2.com/tb.php/100-0c61146f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。