上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「プロスペクト理論は、不確実性下における意思決定モデルの一つ。選択の結果得られる利益もしくは被る損益および、それら確率が既知の状況下において、人がどのような選択をするか記述するモデルである。行動経済学における代表的な成果としてよく知られている。 期待効用仮説にたいして、心理学により現実的な理論として、1979年にダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーによって展開された。 カーネマンは2002年ノーベル経済学賞を受賞している。」(Wikipediaより引用)

 前々回、~「アゲインストに行けば、じっと我慢する。場合によってはコストダウンを狙ってナンピンする。利が乗れば、素早く利食う。」このやり方では、勝率は上がるかもしれないが、値幅は取れない、いや当然の結果として負けた時のダメージのほうが圧倒的に大きい。 行動ファイナンス理論とやらによれば、上記の行動パターンが人間の取る自然な行動パターンであり、相場に勝つためには、本能による選択の逆方向に動く必要があるため、大多数の人たちが相場に負けるという現象が生ずるとのことだ。
と書いたが、少し補足しておきたい。

(Q.)あなたは今、新車を買うために、保有株を売却して120万円を調達しようとしている。
A株(取得価格100万円、時価120万円、+20万円の含み益)
B株(取得価格140万円、時価120万円、▲20万円の含み損)
さて、AorB どちらの株を売却しますか?
(前提)あなたの配偶者(独身の方であれば恋人等身近な知人)はあなたが株式投資をしていることは良く知っている。

 「利食いを我慢し、損切りを早く」という、セオリーからすれば、B株を売るのが理にかなっている。現在含み益の株は将来も上昇する可能性が高く、含み損の株はさらに下落すると考えるのが合理的判断だと思われるからだ。しかし、実際にはA株に手を付ける人が大半ではなかろうか(B株を選んだ人、あなたは相場の達人になる素養を十分お持ちです。自信を持ってください!)。

 このような心の動きを、理論的に体系化したものが、冒頭に示した「プロスペクト理論」である。人が利益を上げた時の「喜び」と損をこうむった時の「悲しみ」は、1対2~2.5の比率で「悲しみ」のインパクトのほうが大きいとする。勝ち銘柄を売るのは単に「金銭的利益」だが、負け銘柄を売るのは「金銭的損失+自らの誤りを認める心理的損失(いわゆる自尊心の傷つき)」を被るからである。
 (前提)を置いたのは、私の創作であるが、他人に見られていることがさらに損切りを困難にさせる。換言すれば、損切りしたときの自尊心の傷つきが、より大きくなる(私の実体験からしてですが、隠しておきたい心理が働く、あるいは、他人の前で負けを認めたくない)。

 こうした、非合理的な投資行動は、心理面から経済活動を究明する「行動経済学(行動ファイナンス)」の研究対象であったが、いまや、脳の神経細胞レベルでこれを解明しようとする「神経経済学」が注目を集めている。脳の神経細胞を調べる技術(fMRI=機能的磁気共鳴画像法等)が発達し、損失や利益に対して脳がどう反応するかある程度解明できるようになったことが背景にある。 

 昔から、相場は「欲望と恐怖」が支配する世界だといわれてきたが、脳科学的にも裏付られている。すなわち、投資で利益を上げた時に反応する部位は「側座核」と呼ばれる「快楽中枢」であり、食欲・性欲が満たされたときに反応する部位と同じだそうだ。われわれは、相場に勝つと、本能的・衝動的な快楽を感じているらしい。なるほど「ディーラーは3日やったらやめられない」といわれる所以であろう。
 
 一方で、損を被ったときに反応する部位は、脳の原始的警報システムとされる「扁桃体」や「島」だということだ。ひとことでいえば「恐怖」を動物的に感じる部位ということになる。
 そして「快楽」と「恐怖」を比べた時に、より人間の生存本能に原初的に直結するのは「恐怖」のほうであり、損失(餌を失う、取り損ねる)により大きくインパクトを感ずる(プロスペクト理論の価値関数において「損側」の傾きが急である)ことになる。

 話が、ずいぶん長くなったが「利食いを引き伸ばし、損切りを早く」がいかに人間の本能に逆らった行動であるかを、まずはしっかり認識しておくべきであると考える。
 
 そうした人間(本能)の相場に対する脆弱さを受け止めたうえで、その弱点をいかに理性で克服するか(相場テクニック・商品選定の工夫、心理的要素の排除テクニック、心理強化のトレーニング等)が、相場の世界での生き残りを左右すると考えている。

 

 



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ncgtf.blog.fc2.com/tb.php/140-a0856024
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。