上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 日経平均株価は、75日移動平均(8853円)を目前に、徳俵で踏みとどまっている。自律反発の域を出ていないものの、NYダウ下落、円高、チャイナリスク、欧州危機再燃と、悪材料が揃う中で、なかなか健闘している。
 ひきつづき輸出企業は売られているが、内需関連企業の堅調さに支えられているようだ。一段の金融緩和を見据えて自民党新総裁への期待感もじわり。
中国、米国株式市場の動向如何では、土俵際から押し返す場面も期待できるが、さてどうなりますか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ncgtf.blog.fc2.com/tb.php/53-06c0d116
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。