上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成24年(単位:千円)
1月+170
2月+710
3月+340
4月±0
5月+590
6月+370
7月+540
8月+300
9月+90
計+3,110



 9月は、終盤、2回にわたる10万円超の負けが響き、失速。今年に入って2番目に低調なパフォーマンスの月となりました。
 この9月、生まれて初めてブログを書き始め、自身の売買システムのパフォーマンスをお伝えすることになったわけですが、8月以前の実績については、読者の方から見れば、エビデンスが無いわけですから「ボチボチのパフォーマンス、これほんまかいな?」ってな感じの受け止め方でしょう。
 今のところ過去の実績を美化して「有料」にする野望?もありませんし、とりあえず、信じていただくしかありません。これから時間をかけて、公正な売買サインの(事前)公開、実績総括を継続することで、読者の皆様の信頼を得るしかないと考えております。
 
引き続き、当ブログ応援のほど、よろしくお願いいたします。
 

(追記) 実は、売買サインの公開を始めて何日もしないうちに、現役の債券チーフ・ディーラー(ボンド・トレーダー=略してボントレ)時代の記憶があざやかに蘇りました。
 「自分の損益成績がその日のうちに決し、バックオフィスに個人別損益成績が流れ、ミドルオフィス(リスク管理セクション=当時は独立した組織ではなくバックオフィスのなかにその機能が包含されていた)で吟味され、部門長まで報告される。この繰り返しの中で感じる、負けた時の悔しさ、自尊心の傷つき、信頼(期待)を裏切ることに対する自責、そしてこれらが塊となって襲ってくる精神的プレッシャー、結果が出た時の快感ともいうべき喜び。ゴルフに似て、数字が明瞭白々のデジタルな世界であるがゆえに言い訳はできない。ましてスコアのごまかしはあり得ない。ただ、明日の、いや10分先を読みたいがために、キャディもいない孤独のなかで、相場の検証作業に没頭するけれども、明日勝てる保証などはどこにも無い。」 
 こんな時間を延々と2年間続けた時代の記憶です。いやな思い出のほうが圧倒的に多いのですが、20年近い時を経て、当時の記憶・感覚がフッと蘇ったのです。
 ポジティブな側面で言うと、自身の投資行動を不特定多数の方の視線にさらしてプレッシャーを感じることで、さびついていた感性が蘇りつつあると感じています。今後に少しばかり ご期待ください!


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ncgtf.blog.fc2.com/tb.php/60-4d64ee40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。