上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日経平均10月12日

 昨日「①25日移動平均線乖離率(上掲チャートご参照)が2.6%超に達したこと。②過去2回の調整期間が、両端入れ・相場日数ベースで15日、14日であり、今回の調整が今日で16日であること。以上から、値幅・時間ともに反発してもなんら不思議でないタイミングにある」とコメントしたが、相場のリズムのとおり、いったん虎口を脱した可能性がある。
 まずは週明け、10月10日高値8660.68円を上回って引ければ調整終了が濃厚となる。ファンダメンタルズは依然として好材料が皆無であるが、SQと週末が重なる中で、意外なほど底堅い動きを見せた事は、辛うじて6月以降の緩やかな上昇トレンドを維持したことと相俟って、重要なポイントと見た。

 必要以上の悲観に陥ることなく澄んだ目で相場の推移を眺めたい。
 


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ncgtf.blog.fc2.com/tb.php/92-eec97211
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。