上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日経平均10月15日

 短期の日柄、25日移動平均乖離率から、先週末時点で、調整をいったん終了した可能性を指摘したが、本日のザラ場ヒゲの部分で直近安値を更新し、調整日数は両端入れで18日目となった。

 しかしながら、これといった好材料も無いなかで示現した「陽線」は底入れの期待をいだかせる。というのも、そもそも週明け月曜日はアノマリーといってもさしつかえないほど「陰線」の確率が高く、今年に限った検証においても約70%の確率で陰線を引いている(他の曜日ではこれほど顕著な偏りは見られない。中長期的下降トレンドの下、週初めの様子見気分の強いなかでは、陽線を引くエネルギーが得られないということか)。

 週初というアゲインストの風の中でキッチリと陽線を引いたことに、理屈ではない相場のリズムを感じる。海外でマイナス材料が飛び出さなければ、明日以降、意外高も期待できるのではないか。
先週末はナイトセッションで崩れてしまったが、もう一度今夜の動きに注目したい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ncgtf.blog.fc2.com/tb.php/95-aac60604
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。